京都市立芸術大学大学院美術研究科
デザイン学特論 ゲスト講義シリーズ
プールリバー

木村翔馬,岡本秀,小山しおり,松平莉奈,西原彩香《どうやって「絵画」の話をしよう》2019/7/16(火)

講師:

木村翔馬,岡本秀,小山しおり,松平莉奈,西原彩香

タイトル:

どうやって「絵画」の話をしよう

日時:

2019/7/16(火) 13:00-14:30

場所:

中央棟3階 L11講義室


このトークは、2019年5月19日 – 5月26日に開催された『暗黙知の技術』展の出展者によって構成されています。以下、トークのためライン上で行った事前打ち合わせまとめです。
履修する学生は目を通しておいて下さい。

https://docs.google.com/document/d/1jsWH0_9pIBZON9kZnpcsK7rLGVzgITGZyxR5xof0v0A/edit?usp=sharing


略歴:

木村翔馬|Shoma Kimura

大阪府出身(1996- ) 「絵画とVR」という関係性を用いて、その相互関係の中で生まれる“現代に絵の具を用いて絵を描くことの難しさ”や“その周囲で生じる小さな問題”から、「絵画の新しい在り方」を探求する。主な個展に、「dreamのあとから(浮遊する絵画とVRの不確定)」2018,(東京)や、ARTISTS’ FAIR KYOTO 2019: BLOWBALL「クリスタル☆ポリゴン」2019,(京都)、等。2017年に「第4回CAF賞」最優秀賞を受賞。


岡本秀|Shu Okamoto

奈良県出身(1995-)  絵画やマンガといった平面イメージを主に扱い、様々なメディアの持っている固有性を他のメディアへの接近を通じて外す、あるいはズラすことによって、ものを見るとき何気なく感じられる情動の背景にあるシステムについて研究している。
主な個展に「ひそひそ彫刻のむくい」2017,(京都)。賞歴に「はるひ絵画トリエンナーレ(2018/愛知)」優秀賞、「京都市立芸術大学作品展2018」市長賞等。その他の活動に「おばけの連判状」「棒立ち」等がある。


小山しおり | Shiori Koyama

石川県出身(1988-)  巨大なデータベースであるインターネット においての最大公約数としての情報(イメージ)を抽出、それらを基に、無数の〝今〟の 上にある新しい〝今〟の物語とは何なのかを思考している。主な個展に「The place of somebody’s death2014,茨城)」。賞歴に「第4回CAF賞(2017/東京)」藪前知子審査員賞 、「京都造形芸術大学修了展(2017/京都)奨励賞等。


松平莉奈|Rina Matsudaira

兵庫県出身(1989-)  古典技法を参照しながら逸話や物語を描き、「型」を持つ絵画技法と物語が時代や場所を移ると共に姿を変える事象を追いかけることから、新しい物語画の在り方を模索している。主な個展に「悪報をみる ―日本霊異記を絵画化する―」2018,(京都)、「insider-out」2017,(東京)、等。賞歴に「voca展2015」佳作賞、「平成29年度京都市芸術新人賞」等。2018年より国文学研究資料館「ないじぇる芸術共創ラボ」AIR。


西原彩香 | Ayaka Nishihara 

愛知県出身(1992-)「軽さ」をテーマに、絵画を中心としたインスタレーションを展開する。イメージだけではない、感覚値に触れるモノの存在を探っている。それらは、情報化環境における質量の失われやすさ、加速する社会を肯定する事への、一つの回答として考えられる。主な展示に、「京都市立芸術大学作品展」2019,(京都)、「 Colors of KUCA 2017『間間
』2018,(京都)、「アートアワードトーキョー丸の内 2017」2017,(東京)がある。賞歴に、「アートアワードトーキョー丸の内 2017」入賞、「名古屋芸術大学卒業制作展」卒業制作優秀賞を受賞。


企画構成:砂山太一