Kyoto City University of Arts

Advanced Design Studies

PoolRiver

プールリバー


#26

藤倉麻子

あらわれる庭

//開催日時:

2021/7/6(火)

13:00-14:30

//開催場所:

https://meet.google.com/pva-bvsn-pdg

@kcua.ac.jpアカウントを持つ人ならば誰でも聴講可

//ゲスト講師:

藤倉麻子
1992 年生まれ。2016 年東京外国語大学外国語学部南・西アジア課程ペルシア語専攻卒業。2018 年東京 藝術大学大学院メディア映像専攻修了。 人工的なテクスチャと触覚性に注目したイメージを強調することによって、現代都市における時間 と土地の連続から解放され得る景色を蓄積する。物が物として存在する視界において自律を獲得し ていく姿を描出。3DCG アニメーションの手法を採用し、コンピュータープログラムを介在させ ることにより作者の意図を超える動きを生成し、画面を通じてのみ認識することができる仮構の現実化を図る。
主な個展に、Paradise for Free(Calm&Punk Gallery、東京、2021)、エマージェンシーズ! 035≪群 生地放送≫(NTT コミュニケーションセンター [ICC]、東京、2018)、グループ展に、多層世界の 中のもうひとつのミュージアム̶―ハイパー ICC へようこそ(NTT コミュニケーションセンター [ICC]、東京、2021)、Back Tokyo Forth(東京国際クルーズターミナル、東京、2021)、FLUSH ー 水に流せばー(EUKARYOTE、東京、2021)、土字旁人字邊 Close to Nature, Next to Humanity、台 東美術館、台東、台湾、2020)などがある。 LUMINE meets ART AWARD2020 グランプリ受賞。第 22 回文化庁メディア芸術祭審査委員会推 薦作品選出。


//以下、ご登壇いただく 藤倉麻子さんに関連するテキストの引用です。
//聴講する学生さんは事前に読んで予習をお願いいたします。

極彩色、つるつるとしたテクスチャ、ひと気のない乾燥地帯、なだらかな動き、聴き覚えのある環境音
藤倉麻子「Paradise for Free」(CALM & PUNK GALLERY)|美術手帖
フラットな田んぼの上に、高速道路のような巨大なインフラ (...) ある砂漠に、異なる時間や法則で動くAとBの都市がある。その都市の間は果てしなく遠いのだけど、ある条件が揃うと、Aにある柱とBにある柱が同一レイヤーに存続できる、同じトーンで遍在できるような、新しいCの世界(場)が開くような瞬間が生まれる。
私よりも強い人工構造物に、私が経験できない時間を託す:藤倉麻子 | SUB-ROSA
ある特定の、定着された時間の景色
テレ朝POST>>ビビットな色使いで生み出すCGの街並み

//ビデオ・アーカイブです。
//@kcua.ac.jpのアカウントのみで視聴可能です。

〜〜準備中〜〜


//聴講生によるコメントのアーカイブです。

〜〜準備中〜〜